08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

レイライン

2013/08/25
9がつには 淡路島に レイラインがでるという
しらべてみたら 日本は 各神社で つながり それが レイラインになっている
近畿内には  神社を結ぶと五ぼう星になる と かいてある

日本の 国内にはレイラインがそれぞれ あって むすんでいくとひとつのラインができる

中央構造線は すごいエネルギーをだしている  あの分杭峠が まさにそれ
歩いてても 足が浮く 感じがする

そもそも神社とは 巨石文化から 巨石を中心として 信仰になりそれが 古神道になった と 。
なるほど 解ります。
また 日本には ピラミッド が たくさんあります その代表が 富士山。
これもエネルギーを 集めて  そして 分散 しているようです

全国いたるところにある巨石は 実は エネルギーを まとめる? エネルギーを安定させるために できたという そこから 神道 に なった と。 今年伊勢と 出雲 とが 統合するという
出雲大社は 古神道。

でこの9月に 淡路島にはレイライン が浮き出るというのを聞いたが  ・・
イザナギ神宮には 太陽の道 の 石碑があります  淡路島中心です。
淡路島は 巨石がおおいですよ~
大昔 それを 神からの おつげをいただくひもろぎ にしていたとある

あんなおおきな 石をどうやって??  大昔はいまよりすごい ハイテクがあったのですね
それで 山の上に 積み重ねられて あるのですね

いやはや 日本という 島は ほんとにおもしろい

http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-125.html
スポンサーサイト
16:21 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

2013/07/12
うちの 患者さん 心臓弁膜症 で opeを 20代に1回 40代に1階 計2回している
 この方は 最初の20代のopeで 命はないといわれたらしい。。ところが 現在73歳のご婦人 opeもさることながらこの方の生命力は すごいもんです。。

ところが 最近になって 昨年から 咳・タン ・足のむくみ・ふらつき・眠れない・がでてきた

そうなると定期的に通っているお医者さんは 出す出す 薬を!。 なんと 10種類の薬をのんでいるという。

薬でおなか一杯 になる。 そのあげく  たすけて~  元気にして~・・と おあしすへ電話が入る

薬をもってみえた 10種類も ・・ Oリングでみた・・なんと残ったのは 2種類

それを今月5日~ 今日まで 2種類で すごしているという 飲まないほうが からだがスムースに動ける・・と いう。

薬の常用のときは

 せき・たん  がでる  ・・肺にたまっている 水をながす この薬で 2錠 

むくみ・・利尿剤  1錠  利尿剤をのむと 便秘になりやすい  便秘薬 1錠

心臓病は夏になるとパニック症候群がおきやすい  パニックで 安定剤 と 眠剤 (眠れない) 2錠

血管拡張剤 1錠 何十年のんでた ワァファリン 2錠・・あと1錠  わすれちゃった。。

文献によると 弁膜症は 塩分を取りすぎると

むくみがでる パニックが でる せき・たんが よく出る  呼吸困難 に おちいるとある。

それは塩分の排泄が わるくなり それにより 肺に水がたまる・手や足がむくむ → 呼吸困難になる→  パニックになる・・という 連鎖であるらしい。

薬はひとつ ひとつに だしている・・そりゃ 薬は増えるいっぽうだ

ドクターは 体に対する 塩分のこと なんもいってくれなかった・・と。

私がいえること は とにかく控えなさいや ・・心臓の働きが悪いと 肺にも負担がかかる 肺がわるいと 心臓にも負担が かかる これは総合関係 五行でいうと 「心虚  肺実」

つまり 肺の働きが悪いから 心臓の働きを 弱くして パニックがおきているのでは・・

元は 塩分 だと・・思う  聞くと おつけものにもおしょうゆ をかけて食べる。。と。

さてさてこの減薬 と ご自分の 気持ちと どちらが優先するのだろう・・むずかしいわね 20数年たくさん飲んできた薬を減らすというのは。。それによりまたストレス・不安 を ご自分にかけるのですから。

何回もいうけど  人間の治癒力以上の 力が 薬・・薬をのむと 体は治癒力をださなくてよい という体に
なります・・。。
 
17:32 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

医者と薬品会社 と 国と の つながり

2013/04/14

1.医療についての全体論


現在の医療(西洋医学)は言われなくともご存じの通り、”対症療法”であり、根本原因にアプローチするものではないため、病気の発生メカニズムを残したまま目に見える症状(体の自然な防御作用に過ぎないが)を薬で抑え込むことで更に体を不健康にしてしまうだけのものである。

医者も製薬会社も、自分たちの仕事を維持するために、「病気の根絶」には興味がなく、「対症療法」を基本とした医療産業からの脱却は全く頭になく、望んでもいない。



癌の治療法は1960年代には見つかっているにも関わらず、隠蔽され、 新三種混合ワクチンの危険性を指摘すると体制側の総攻撃を受ける。

2.病気と治療・予防を利用した人口削減の具体策について


彼らの作戦は「人間の免疫システムを破壊すること」を基本としている。
具体的な手法としては、遺伝子操作で作り出したウイルスのばら撒きと、ワクチン接種の義務化である。
・水銀、水酸化アルミニウムなどの有毒物質の入ったワクチンを免疫システムや脳が形成されている途中の乳幼児に25種類も接種
・健康保険への加入を義務化(加入しないと罰金・投獄)、しかし国の定めるワクチンを打たないと健康保険を取り上げる、という法案が成立
・多くの健康被害が報告されている子宮頸がんワクチンの接種を推進
・ バクスター・インターナショナルやノバルティスなどのアメリカの製薬会社は自らウイルスを製造してばら撒き(とまではっきりとは書かれていないが)、国と二人三脚でワクチン接種で金儲け
・ノバルティス製の 天然痘ワクチンに混ぜたウイルスでアフリカでエイズを流行させた
・注射針にマイクロチップを仕込み、ワクチンと一緒に体内に注入

3.有害食品による人口削減の手法について

・飲食物の添加物が注意欠陥・多動性障害(ADHD)を作り出す。
・ADHDの治療と称して、リタリン(興奮剤・覚醒剤)などの恐ろしい薬物を子供に投与している。
・ベトナム戦争で使われた枯れ葉剤のメーカーであるモンサントが作る遺伝子組み換え(GM)食品は、政府に送り込んだ彼らの仲間たちにより、規制も検査も行われることなく世の中に送り出されている。
・ GM食品の導入により米国では食品アレルギー、多重慢性疾患などが急増している。

12:49 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

整体治療院 お・あ・し・す の臨床例

2013/03/19
整体治療院お・あ・し・すの臨床例(継続治療が治癒力を増す)。
長年の変位(歪み)について、芯から治るには、時間がかかります。歪み
はマッサージなどではよくなりません。当院では、骨盤や背骨の歪みを矯正して、脳脊髄液の流れを手でコントロールし、ご本人の治癒力を引き出すお手伝いをします、施術内容は、オステオパシー(整骨医学)・中国陰陽五行説(内臓)・タイ古式マッサ・などを織り交ぜて「主訴」を判断して施術していきます。もちろん、保険が利く、薬を出す整形外科や、整骨医院や、どなたにも同じやり方をするマッサージとは全く違う、根底からの施術法です。ですから人により施術内容が違います。
患者さまの声
(リューマチ・痛みがとれた)・(交通事故による斜視&脳内水腫だったのが、斜視はその場で戻った・手術の必要がなくなった)・(へルニア・手術をしなくてもよくなった)(膝の手術後や・膝がはれて水がたまり曲がらなかったのが膝が曲がる)(脳梗塞で手足が思うように動かなかったのが動くようになった)(パーキンソン氏病で振えがとまった)(小脳萎縮症で歩行が困難なのが、施術後楽に歩行ができる)(肩こりがひどかったのが最近ない)(腰痛やギックリ腰がその場で痛みがとれた)(首がいつも重かったのが楽になった)(不定愁訴で季節ごとに憂鬱だったのが、すっかりなくなった)(高血圧が下がった)(登校拒否・仕事拒否だったのが、普通に通えるようになった)(花粉症で春になると悩まされていたのが例年になく無い)(妊産婦で腰・肩が重いのが楽)(側ワン症と診断されたが、今は全く彎曲していない)(胃が重いのがない)(歯痛がとれた)(便秘がちだったのがマシ)(夜尿症がとまった)(失禁がとまった)(顎関節症だったのが口がスムースに開く)(脳障害で生まれたが表現できるようになった)(精神疾患・躁鬱)など。。
ほんの一部の臨床例です。確実にいえるのは、皆様定期的にお通いいただいています。病院通いをしなくてもよい身体つくりをと、皆様お考えのようです。すばらしいですね。

整体治療院お・あ・し・す072-604-2053
17:16 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

淡(Our)の家

2012/09/28
淡路島の洲本市に 「 淡(Our)の家」が 完成しました

とってもいいところです 2階からは オーシャンビュー 向かいは四国
夕陽が とってもとってもきれいです

ここにいると 帰りたくなくなる 

このビジョンは 35・6歳のときから みていました

夢が叶うと 夢ではない 目標でした。。

叶うときは ひょ~~ん と 叶うものです

眼下に 海が見えて 白髪のあたいは・・「私の人生 これで よかったんだわ」 っていうのを みていたのです

ですから 海がみおろせるところは ここ?? っていつも思っていました

はわい?サンフランシスコ? 香港? シンガポール?

いえいえ違いました  国内の淡路島・・でした。

南国風 の お庭にしていこうと 五色の石がごろごろ。。 でっかい石を とりのぞくのが たいへんです・
でも とっても 楽しみです

http://www.facebook.com/#!/awanoie
17:37 未分類 | コメント(0) | トラックバック(1)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。