06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2013/07/12
うちの 患者さん 心臓弁膜症 で opeを 20代に1回 40代に1階 計2回している
 この方は 最初の20代のopeで 命はないといわれたらしい。。ところが 現在73歳のご婦人 opeもさることながらこの方の生命力は すごいもんです。。

ところが 最近になって 昨年から 咳・タン ・足のむくみ・ふらつき・眠れない・がでてきた

そうなると定期的に通っているお医者さんは 出す出す 薬を!。 なんと 10種類の薬をのんでいるという。

薬でおなか一杯 になる。 そのあげく  たすけて~  元気にして~・・と おあしすへ電話が入る

薬をもってみえた 10種類も ・・ Oリングでみた・・なんと残ったのは 2種類

それを今月5日~ 今日まで 2種類で すごしているという 飲まないほうが からだがスムースに動ける・・と いう。

薬の常用のときは

 せき・たん  がでる  ・・肺にたまっている 水をながす この薬で 2錠 

むくみ・・利尿剤  1錠  利尿剤をのむと 便秘になりやすい  便秘薬 1錠

心臓病は夏になるとパニック症候群がおきやすい  パニックで 安定剤 と 眠剤 (眠れない) 2錠

血管拡張剤 1錠 何十年のんでた ワァファリン 2錠・・あと1錠  わすれちゃった。。

文献によると 弁膜症は 塩分を取りすぎると

むくみがでる パニックが でる せき・たんが よく出る  呼吸困難 に おちいるとある。

それは塩分の排泄が わるくなり それにより 肺に水がたまる・手や足がむくむ → 呼吸困難になる→  パニックになる・・という 連鎖であるらしい。

薬はひとつ ひとつに だしている・・そりゃ 薬は増えるいっぽうだ

ドクターは 体に対する 塩分のこと なんもいってくれなかった・・と。

私がいえること は とにかく控えなさいや ・・心臓の働きが悪いと 肺にも負担がかかる 肺がわるいと 心臓にも負担が かかる これは総合関係 五行でいうと 「心虚  肺実」

つまり 肺の働きが悪いから 心臓の働きを 弱くして パニックがおきているのでは・・

元は 塩分 だと・・思う  聞くと おつけものにもおしょうゆ をかけて食べる。。と。

さてさてこの減薬 と ご自分の 気持ちと どちらが優先するのだろう・・むずかしいわね 20数年たくさん飲んできた薬を減らすというのは。。それによりまたストレス・不安 を ご自分にかけるのですから。

何回もいうけど  人間の治癒力以上の 力が 薬・・薬をのむと 体は治癒力をださなくてよい という体に
なります・・。。
 
スポンサーサイト
17:32 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。