09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

第2回の講義 

2008/12/08
12月6日 第2回目の講義も無事に終了しました。

カリキュラムは、

-------------------------------
◆講義
オステオパシー概論、各論

◆実習
体を診る指標 ・・ 2
①五本指からの 頚椎 胸椎 腰椎のみかた
②背面 からの 各 内臓 の 見方  
③身体のメッセ 陰陽など  
-------------------------------


講義が始まります。



みなさん真剣に聞いています。



講義の内容は前回同様、自然に脱線トークになり、
現代医学から見た陰陽五行のことや
ニュートン力学、相対性理論なども飛び出し、
なかなか、奥の深く広く、またスリリングな講義になっていて
生徒の皆さんも、満足していた様子です。

なんせ、わかりやすい!!


次は休憩を挟んだ後
実技です。


大変多忙な医学博士は、講義終了後進んで自らモニターに
極楽状態です。



実技も皆さん真剣。
座学とは違った、集中力です。



そして、一通り講義を受けた後は・・・
皆さん各自実践練習です。



生徒さん同士で、感覚をひとつづつ獲得していきます。



あら?先生いつのまに?
知らない間に復活です!



こうやって、互いにの知識と技を持ち寄って分け合い
一つ一つ統合していく様子が、垣間見れた気がしました。

何かが統合した瞬間かもしれないですね。


みなさん今日もお疲れ様でした!!


スポンサーサイト
12:33  ∟授業風景(第一期) | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
みなさま 段々 体にふれることの慣れがでてきたようですね
そして ご自分の直感力 を まさに 信じて ・・これなんですよね
ユニセラ そのものです

雑談脱線に時間かかって、オステオパシーの各論はやってまへーん。
また、今度ね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。